木曜日, 5月 10, 2018

柔らかい

週刊ブロック通信5月7日号掲載の南幌町プロジェクト「カスタマイズできる家」

今月末の完成へ向けて、いよいよ外壁を張り始めます。近所のホームセンターで手に入る荒木をそのまま使用。DIYでメンテナンスが可能になりますし、材料調達コストをわかりやすくユーザーに伝えることができる。これは、外壁がコンクリートブロック造外断熱材を保護するためのものであり、さらに外観を考えればよいだけ、という容易さから生まれた発想でもあります。
もちろん木材保護を考慮して、オリンピックステイン#900を木目が出る程度に薄塗しています。しかも塗装のプロではない工務店の社員が総出で塗るという徹底したユーザー目線です。
内部も形が見えてきました。ブロック造とはいっても天井と床、そして壁の半分は木造。だから、内部はトドマツの良い香りが充満しています。特徴的なハイサイドライトからは一日中、柔らかい光が差し込みます。冬場のダイレクトゲインを主眼としていますが、今の季節は直射日光ではなく柔らかい天空光で満たされることをイメージしています。


木曜日, 5月 03, 2018

新川通の桜

札幌市内北区を流れる新川沿いに桜並木がある。特に北側河岸は日照条件が良いのか美しく咲いた桜が多く並んでいる。そのなかでも特に見事なのがあった。どうやら数本の樹がうまく重なっているらしい。

金曜日, 4月 27, 2018

これが北海道

まだ日陰には残雪がある4月下旬。道東、阿寒川沿いのリゾート地で目撃した驚きの光景です。建物の外を流れている川岸に、何とエゾシカの親子が数頭いるではないか!川岸に芽生えたばかりの草を食べている。窓から覗く、目が合っても動じる気配がない。これが北海道の自然、これも北海道。

水曜日, 4月 18, 2018

南幌町の家

「南幌町の家」の完成予想図です。建築家と工務店がチームを組んで住宅を作る取り組みです。今回の取り組みが新しいのは、建築家の設計図面を工務店が引き受けてつくるという従来型の一方通行ではなく、設計段階から工務店のノウハウを入れながら建築家と工務店が協議しつつ設計し、そして施工するところにあります。デザインビルドや設計施工の良い面を生かしながら、建築家と工務店それぞれの独立性を尊重しています。私たち「晃和住宅+山之内建築研究所」チームの工事は、残すところ1か月余りになりました。
母屋を中央に、フレーム状の小屋・カーポートが連結する三棟構成
室内に存分に自然光を取り込む窓

土曜日, 3月 31, 2018

冬期養生

南幌町みどり野きた住まいるヴィレッジの続報です。
極寒の一日の晴れ間をぬって、コンクリート打設が終わりました。
3月掲載の「週刊ブロック通信」に寒中施工の様子をレポートしました。
北海道の施工者には当たり前の冬期養生は、本州から来た人々には珍しく映るようです。
建築環境専門の東京大学准教授・前真之さんもその一人です。熱心にサーモカメラでジェットヒーターを狙っていた姿が印象的でした。

水曜日, 2月 21, 2018

南幌町の現場から

月一で連載中の「週刊ブロック通信」最新号です。6月のグランドオープンに向けて進行中の現場紹介です。
図面だけでは終わらないのが建築の世界。設計内容や施工コストそして材料、工法、施工技術、敷地条件、気象天候などさまざまなファクターにより相対的に変動する。同じ設計であっても必ずしも同じものができるとは限らないのです。そうした中で、職人のプライドをかけて力を発揮している現場の実際をお伝えします。

金曜日, 1月 05, 2018

ブロック造住宅の夢をカタチに

業界誌「週刊ブロック通信」2018年新春特集号の「ブロック造住宅の系譜」に、「東苗穂の家」を紹介させていただきました。いつもはモノクロ印刷ですが、正月号だけ表紙と裏表紙がカラー印刷なのです。紙質も今回だけ印刷映えする上質紙。ちょっと晴れがましいですね。今回掲載した「東苗穂の家」は、20数年前に初めて計画換気(いわゆる24時間換気)システムを導入した住宅です。私の設計は、それまで断熱性能向上を最優先していました。実際初期ブロック造住宅では、換気扇使用時には開閉窓を操作して給気するか、または壁面配置した換気レジスターを使用しています。工法上、気密状態になるブロック住宅は換気が必要ですが、内部仕上げは無機質コンクリートブロックと無垢材木質フローリング、有害物質が発生しないこともあり換気システム導入の機会を遅らせたようです。現在は、建築基準法により建材と換気設備のシックハウス対策を義務付けられているのは言うまでもありません。この住宅は、法規性が成立する12年も前のもので、私たちの先見的な取り組みでした。以後、第三種換気システム(自然給気、機械排気)から全熱交換による第一種換気へ移行しているところです。しかし昨年、換気システムの未来を指し示すオフィスの驚くべき実例(バウムシュラーガーエベルレアーキテクツ/オーストリア/新社屋/2226)をWEBで知りました。CO2や湿度、温度をセンサーで感知しながら換気窓を自動開閉するというものです。小型センサーやロボット技術の発達した近年の成果です。そして断熱レンガブロックによる躯体だというところに、地域の技術や工法を大切にするオーストリア人の誇りを感じました。北海道の私たちにもコンクリートブロックという遺産があるのですから見習いたい。2018年新春に思います。