水曜日, 10月 03, 2018

教会建築2題

JIA(公益社団法人日本建築家協会)の全国大会に参加した。私のミッションは南幌町きた住まいるヴィレッジの発表。無事役目も終わり余った時間を利用して、かねてから見ておきたかった建築を駆け足で回った。①「弓町本郷教会」と②「聖アンセルモ教会」それぞれに特徴のある建築。私の興味は、①「弓町本郷教会」では型枠ブロックの元祖・鎮ブロックを、②「聖アンセルモ教会」はレーモンドの設計をそれぞれ体験すること。①の鎮ブロックは、躯体に使われているということだが、表面のタイル状のものがそうなのかよく判らない。内装は、きれいに仕上げられているので躯体らしきものは全く見ることができない。そもそも、ブロックは躯体であり、そのまま仕上げとすることが特異なのかもしれない。コンクリート造なのだが、パイプオルガンのある会堂では木造建築のような親近感を感じた。
②のレーモンドの設計は、木造のこじんまりした教会(札幌聖ミカエル教会、カトリック新発田教会)を見慣れた目からは、堂々たる規模の迫力を感じた。圧倒的気積の大きさに驚くとともに、折しも始まったミサの荘厳さをゆったりと包み込むことができる空間ボリュームを末席にて堪能することができた。打放しコンクリートが室内を覆い、近代建築の人工的な表情を見せてはいるのだが、出入り口や側壁まわりが手の届くスケールで構成されているために心地よく感じられる。人の心に響くスケールの力を見た思いだ。
弓町本郷教会

聖アンセルモ教会

聖アンセルモ教会

聖アンセルモ教会
弓町本郷教会

火曜日, 9月 11, 2018

工事中の家その2

昨日に続き「神楽岡の家」現場の報告です。工務店さんからLINEで木製サッシ到着したとの画像。先日の「北海道胆振東部地震」の影響により3日遅れたものの工程上問題ない。トラリッドフェンスターというスウェーデン製の窓で、私はおよそ30年来使用しているものだ。今回は札幌オーバーシーズ社扱いだが、ガデリウス社などの商社がほぼ同じものを取り扱っている。定価は外為の変動で時々変動するし、納期は船便のため3か月を要するので計画的な発注が重要。仕様は3層ガラスで、U値はFIX窓で1.1、回転窓と片開窓で1.2の高性能品。木製サッシは、太い窓枠と重たいガラスがブロックの重量感に負けない存在になる。

月曜日, 9月 10, 2018

工事中の家

なんと6月以来、3か月ぶりの投稿です。この間、記憶に残っているのは「南幌町みどりのきた住まいる住宅」だろうか。6月2日、オープン以降ほぼ毎週末の土日は午後からとはいえ「カスタマイズできる家」に案内係として張り付いていた。その間、実にありがたいことに、大勢の道内外からの人々に見学していただいた。
9月に入り、工事中の現場で佳境を迎えているのが「神楽岡の家」です。ようやく躯体のコンクリートブロック積が完了し、屋根と外壁に取り組んでいる。
西~北面はコンクリートブロック2重積壁で、緑の中から姿を表す

火曜日, 6月 05, 2018

屋外コンセント

南幌町のモデルハウスでは、モデルハウスということもあり、これからの暮らし方を誘発するような仕掛けを試みている。その一つが、EV・PHEV用充電屋外コンセント。電気自動車の充電コンセントだ。定価は数千円のものだから、必要になった時に取りつければよいのだけれど、すでに用意したところにモデルとしての意気込みがある。
コンセントはカーポートの奥。

右がEV・PHEV充電用コンセント、左は通常の100v屋外コンセント。

月曜日, 5月 28, 2018

南幌町現場#98の昨日

オープンを1週間後に控えた、昨日、私たち晃和+山之内チームの住宅「カスタマイズできる家」の様子をスナップ写真とともにレポートします。刻々と出来上がる住宅を目の当たりにするのは理屈抜きに嬉しい。いろいろ考えて、カタチになった。そして生まれたカタチに触れて、新たな楽しみが今また始まる。
照明が点灯し、植栽も加わった。

高窓。室内から空を見るのは開放感がある。小屋組タルキが日射調節ルーバーになる。
臥梁から上部は、木の香りがする北海道産のトドマツ合板貼。
玄関は居間収納で仕切られている。来訪者は不可視だが気配は伝わる。

台所窓。目線を可能な限り下げた。
FIX窓下の床ガラリ。床下で暖房された給気をとっている。
居間。敷地の向こうに緑の遊歩道が見える。
ブロック壁を浮かび上がらせる照明効果を確かめる。



木曜日, 5月 10, 2018

柔らかい

週刊ブロック通信5月7日号掲載の南幌町プロジェクト「カスタマイズできる家」

今月末の完成へ向けて、いよいよ外壁を張り始めます。近所のホームセンターで手に入る荒木をそのまま使用。DIYでメンテナンスが可能になりますし、材料調達コストをわかりやすくユーザーに伝えることができる。これは、外壁がコンクリートブロック造外断熱材を保護するためのものであり、さらに外観を考えればよいだけ、という容易さから生まれた発想でもあります。
もちろん木材保護を考慮して、オリンピックステイン#900を木目が出る程度に薄塗しています。しかも塗装のプロではない工務店の社員が総出で塗るという徹底したユーザー目線です。
内部も形が見えてきました。ブロック造とはいっても天井と床、そして壁の半分は木造。だから、内部はトドマツの良い香りが充満しています。特徴的なハイサイドライトからは一日中、柔らかい光が差し込みます。冬場のダイレクトゲインを主眼としていますが、今の季節は直射日光ではなく柔らかい天空光で満たされることをイメージしています。


木曜日, 5月 03, 2018

新川通の桜

札幌市内北区を流れる新川沿いに桜並木がある。特に北側河岸は日照条件が良いのか美しく咲いた桜が多く並んでいる。そのなかでも特に見事なのがあった。どうやら数本の樹がうまく重なっているらしい。