金曜日, 9月 20, 2019

北海道の民家


9月16日付けのコンクリート製品の業界紙「週刊ブロック通信」で、北海道のブロック造三角屋根を紹介した。日頃、飽きの来ない定番のそれでいて格好の良い住宅、つまり民家を目指している私にとって一つの目標でもあるのが「コンクリートブロック造三角屋根」だ。
「北海道の住宅と住様式」(1982年)の中で、足達富士夫(当時北大教授)は「北海道は、その歴史事情からして、まだ独自の民家を持っていない。(中略)住宅供給公社のいわゆる「三角屋根」の住宅などはその一つで、コンパクトにまとめられて、しかも合理的な平面と、単純だが雪処理にもすぐれ、形の安定している外観は、北海道の民家の可能性を示すに足る優れた成果である。」として三角屋根住宅の可能性を評価した。同時に、後述ではいまだ未完成であるとしてさらなる開発を促している。37年前のことだ。

水曜日, 7月 24, 2019

無人駅の物置小屋

7月22日発刊の「週刊ブロック通信」では、JR北海道浦河・荻伏駅構内に建つ物置小屋を取り上げている。2m×2mほどのブロック造で、用途は不明。公道から撮影した写真から簡単な図面を作成した。庭に置いて読書小屋にもなりそうな片流れ屋根の可愛らしい形態だとふと思ったりする。圧倒的なブロックの質感が素晴らしいのだ。

金曜日, 6月 28, 2019

夢のカスタマイズ

コンクリート製品の業界紙「週刊ブロック通信」令和元年6月24日号の巻末コラム「ブロック住宅の系譜」に掲載しています。


夢のカスタマイズ
一年前に半完成品住宅として竣工した「カスタマイズできる家」は、そのまま時間を止めていた。その間に多くの来場者を受け入れ、住まい手(オーナー)に出会う準備の毎日が過ぎた。そして、私が待ちに待ったその日が来た。オーナーは本州から移住されるご夫妻で、平屋住宅の暮らしに、北海道の夢を託しているという。現在、ご夫妻の要望にお応えして、いくつかのカスタマイズを実施している。住まい手(オーナー)不在のまま生まれた「建売住宅」が、注文を受け作りこまれ「注文住宅」に変身、ようやく住まい手(オーナー)の満足を得る。そして半完成品住宅コンセプトがいよいよ実現する。
外観上の大きな変化は、万能小屋と呼ぶ約5坪の小屋をぐるりと囲い、半戸外の木床デッキとしたこと。室内からつながる空間は、開放的で魅力がある。また、カーポートに防雪用木板塀を設けた。これは冬場に威力を発揮する。万能小屋とカーポートの木塀は異なるデザインとし繊細な配慮をしている。

金曜日, 5月 17, 2019

赤心社の物語~人物

建築の設計監理では「地域の歴史」と直接かかわることがあります。かつてかかわった「小樽祝津のニシン番屋」では、私たちを含めた復原チームが発見した一枚の棟札から当時の大工棟梁の個人史が100年の時空を超えてよみがえりました。建築の背後に広がる「地域の歴史」を知ることは、建築の読み解きに大きな力を与えてくれるだけではなく、何より物語そのものが面白いのです。
現在、私は浦河で赤心社という木造の店舗兼事務所を設計監理中です。そこには長い歴史があります。「赤心社は、キリスト者の開拓集団のために北海道日高地方の浦河に設立された組織である。(ウィキペディアより)」始めは開拓集団の中心人物、澤茂吉の話です。

慶應義塾大学出版会による三田評論に北海道の開拓者として紹介されていますので、一部引用します。(2011年11月号~加藤三明・慶應義塾幼稚舎長)
澤茂吉(さわしげきち)は、嘉永6(1853)年、摂津三田藩士の長男として生まれ、明治4年から慶應義塾で学ぶが、二年後、夫に先立たれ、次男、三男を失った母の希望で退塾、帰省して、酪農に従事する。明治8年洗礼を受け、同10年から二年間、神戸ホーム(現神戸女学院)で教鞭をとる。同15年、旧三田藩士を中心とするキリスト教開拓結社の赤心社に入社する。赤心は「まごころ」「偽りない心」を意味し、赤心社は、理想郷を築こうと明治13年に鈴木清らによって設立された結社である。中略。そこで、開拓には優れた指導者が必要だとして茂吉に声が掛かったのである。

写真は、澤茂吉翁の胸像で、浦河町役場荻伏支所の前庭に建てられています。像の製作は、彫刻家・本郷新。



木曜日, 4月 25, 2019

物語を生むコンクリートブロック

月一連載の週刊ブロック通信コラム「コンクリートブロック住宅の系譜」最新号です。
サグラダファミリアが完成に近づくにつれ、ガウディの右腕ジュジョールが設計し工事開始後半世紀間の中断後に工事再開され完成に至ったコンクリートブロック造のモンフェリ―教会堂は、そのシンプルなプランと構造により小さなサグラダファミリアとしてだけではなく、ガウディ建築の原型としての意味を持つのではと考える。

金曜日, 4月 05, 2019

庭の残雪

4月になり、庭の残雪も少なくなった。5月の連休までしぶとく残る年もあったが、今年はもうすぐ消えそうだ。雪囲いの庭木や鉢植えなどの周りが融けている。根空きとか根開きとか言うそうだ。樹木や植木鉢などに吸収された太陽熱が、積雪に熱を伝えている。熱の伝導、輻射などがつくりだす自然の造形が面白い。なんとも不思議なラインが形づくられている。そして純白の雪が少しづつグレーに染まっていくのも春の訪れならではの光景だ。

日曜日, 3月 17, 2019

始まりはレンガ造

19743月17日は建築家L.I.カーンの命日である。没後45年。私のブロック造へのこだわりは、レンガ造との出会いから始まった。明日発行の週刊ブロック通信に寄稿しました。お読みいただければ幸いです。