金曜日, 3月 18, 2016

室工大建築設立50周年その2

室工大建築学科は、1966年に1期生を迎えた。私が1970年に入学するのと入れ替わりに初めての卒業生を世に送り出したのだ。1970年といえば、世の中はまだ騒然とした雰囲気が残っており、室工大にも1年遅れで学園紛争の最後の波が打ち寄せていた。
しかし新入生の私たちは、授業やキャンパス内でこれといった不都合を感じることはなかった。
あったのかも知れないが遠巻きに眺めていた。私は、大学で建築を学びたいという気持ちが優先していた普通の1年生だったから。そうした私の気持ちを、「都市住宅」等の建築雑誌は時代の雰囲気と共に受け止めてくれていたように思う。いわく、「個と全体」「集住体」「個室群」「保存」「サーベイ」などなど。建築雑誌ではなく「美術手帳」で連載された「建築の解体」には痛快さを感じた。
「アンアン」「ノンノ」や「平凡パンチ」「朝日ジャーナル」といった雑誌にも時代の雰囲気が色濃く漂っていた。ともあれ、1970年4月、私の学生生活は波乱なくスタートしたのである。
ナイトミュージアム、国立西洋美術館。2016年3月。

木曜日, 3月 17, 2016

室工大建築創立50周年その1

本年4月で、私の出身校である室蘭工業大学の建築工学科が創立50周年となります。その記念行事が、3月19日に大学で行われます。卒業生が数人パネラーとなり、私もその一人として学生時代の思い出話をさせていただくことになりました。私は、ちょうど今頃、4年の卒業の直前に東京を中心におこなった卒業旅行のことを話したいと思っています。
卒業旅行では、1974年3月、1年先輩が当時所属していた早稲田大学吉阪研究室を訪問しました。たまたま先週、建築資料館で開催されていた「吉阪隆正展」を観た時、40数年前のことを想いだしたというわけです。

水曜日, 3月 16, 2016

ENZO MARI の主題によるベンチ

バス停のある札幌市内のコンビニ店前に、ENZO MARIの主題によるベンチを製作して半年がたった。木がいい色に焼けてきている。鉄釘は錆を出してしっかりと木に刺さっている。店主に聴くと、よく利用されているという。私の興味は、デザインがどう人の行動に作用するのかということ。見るからに素人が作った木材素地のベンチが、街中にポンと置かれている。バスを待つ間、どうぞ使ってくださいというのである。一台のベンチがこの場所を公共空間にしている、その痛々しさが新鮮ですらある。