月曜日, 10月 27, 2014

木彫りのクマ

「北海道の木彫り熊の考察」という本が出版された。著者は山里稔さんという。ご縁があって、懇意にさせていただいている。玩具などない半世紀前のこと、私は畳の上で木彫りのクマにまたがって遊ぶのが楽しかった。記憶に残っている限り、唯一の遊び道具だった。最近、年老いた母にそのクマのことを聞いた。「私が嫁ぐとき、父が持たせてくれたんだよ」と。母の記憶は確かだ。母の父、私の祖父は当時国鉄マンで奈井江駅長だった。作者の堀井清司は奈井江町にいて、顔見知りの祖父は一体のクマの木彫りを譲り受けたという。そんな話をつい最近聞いたのだった。そんな折、山里稔さんが木彫り熊の本を出すという情報を得た。すぐに我が家にあるクマを持参してお話を伺った。北海道の愛すべきそして精緻なクラフトとして、木彫り熊は見直される価値がある。
我が家にある木彫りクマ。伝 堀井清司作。銘はない。

木曜日, 10月 23, 2014

小屋群住居O


今月の週間ブロック通信~ブロック造住宅の系譜は、「小屋群住居O」です。一軒の戸建住宅から街並を目指そうとする野望を秘めています。北海道のコンクリートブロックは綺麗です。職人さんも上手です。もくもくと積んでいく、モルタルを詰めるコテの音しか聞こえない本当に静かな建設現場です。壁式構造で耐震性に優れ、躯体蓄熱が期待できる。耐用年数つまり長寿命の建築物だから将来のリノベーションにも対応できる。木材との相性もいい。土地の素材からできた住宅なのです。
コンクリートブロックをスケルトンに、そして多様なインフィルを組み合わせ「小屋群住居O」ができました。