土曜日, 5月 21, 2011

小樽祝津鰊まつり


外壁塗装色が落ち着いてきた茨木家番屋の外観です
 21日午後、祝津鰊まつりということで小樽祝津へ向かいました。あいにくの小雨模様でしたが、会場の広場には鰊焼きの香ばしい臭いが漂っていました。茨木家番屋へは、久しぶりの訪問です。
まつりの期間中は無料開放ですが、普段は運営団体のNPOの担当者が常駐し入場料をいただいています。ちょうど、番屋めぐり案内ボランティアのみなさんが集合していました。
番屋を中心にした手作り感いっぱいの祝津観光の運営も様になってきたような印象を受けました。
私たちが作った図面も展示されていました

まつり広場にて鰊焼きを楽しむ皆さん

祝津の岬を守る日和山灯台です



金曜日, 5月 20, 2011

まだ山頂には雪がありますが

19日午後、小樽市銭函のポリテクカレッジへ向かう。打合せ後に校門から見た手稲山頂はしっかりと純白の雪冠が載っている(左側)。一方手前の麓の山はというと、緑が濃くなっている(右側)。
この週末は、小樽の祝津で「鰊まつり」があります。暖かな両日になると嬉しい。昨年、修復工事の設計監理をした茨木家番屋も開放されます。ぜひ小樽へ、お越し下さい。

水曜日, 5月 11, 2011

ながく住まう家の特長

「ながく住まう家」のネーミングは、今回の売主(株)札都さんが推進する「認定長期優良住宅」によるところが大きい。その目的は、「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅の普及を促進することで、環境負荷の低減を図りつつ、良好な住宅ストックを将来世代に継承することで、より豊かでやさしい暮らしへの転換を図る。」(国土交通省HPより)のであり、誰も異論はない。いくつかの認定基準を満たすことで、晴れてお墨付きをもらうことができる。もちろん、これだけで豊かでやさしい暮らしが実現できるわけがないことは自明。ここまでが50%、残りの50%は言うまでもなく建築の力。私たち建築家の出番ということだ。
                                                    
                                                       
                                                     
                       (国土交通省HPより)

日曜日, 5月 08, 2011

ながく住まう家

私たちが(株)札都と協働した建売住宅モデルのオープンハウス第一号ができました。

コンセプトは「ながく住まう家」。細長い敷地で一枚のレンガのようなシンプルプランの中に、永く住み続けられる家を想起しました。
50%は(株)札都が推進する認定長期優良住宅の温熱・構造性能等を確保し、50%を建築家・山之内裕一が長く暮らし続けられる住まいにふさわしい立体的な間取りを提案しています。

初めての取り組みです。ぜひご覧いただき、皆様のご意見を今後の参考とさせてください。

開催日:5月14(土)、15(日)、21(土)、22(日)、28(土)、29(日)
開催時間:AM10:00~PM5:00
場所:札幌市豊平区西岡4条2丁目
説明をご希望の方は、事前にご連絡ください。mail to yamanouchi@pop02.odn.ne.jp
                            階段~開放的です
ロフト~奥行きあり
子供室~ロフト付きです
和室~客室として
居間~アイランドKです
階段室~PCデスクです
玄関~ベンチがあります

日曜日, 5月 01, 2011

今日から5月です

写真は、先月末に見た鯉のぼりのアーチ。道路が右にカーブしているのであたかも道路をまたいでいるように見える。5月が始まりました。

とある建設重機会社が敷地内に作った仮設モニュメント。殺風景な運転席からの景色を和ませる。