水曜日, 7月 28, 2010

雨の現場

 突然の雨で作業が中断した現場

玄関ポーチが地面から浮いている

出窓のように浮いた主婦コーナー
27日、札幌市内で午後から一時的に激しい雨が降りました。現場は、基礎の上に土台を敷き並べる作業中でしたが屋外のためやむなく中止です。玄関ポーチは地面から浮いています。主婦コーナーも浮いています。

月曜日, 7月 26, 2010

山の手の家2

photo o.adachi

photo o.adachi

photo o.adachi

photo o.adachi

「山の手の家」竣工後の様子その2です。前回、16日アップ分では「床の仕上はタモ無垢板フローリング」と表記しましたが、「ニレ無垢板フローリング」に訂正します。ブログを見たクライアントからの「ニレでは?」というメールで間違いに気づきました。北海道産、厚15mm、セラリカコーティング仕上げです。

土曜日, 7月 24, 2010

展示終了しました

24日(土)リプラン主催によるイベントが無事終了しました。来場されたみなさまありがとうございました。写真は、会場に展示したYYAA(山之内建築研究所)の模型です。

金曜日, 7月 23, 2010

リプランイベントのお知らせ

7月24日(土)リプランイベント「ミニセミナー&ショールーム見学ツアー」があります。

建築家の家づくり相談会です、山之内も参加しています。
是非お越し下さい。お待ちしています。

ミニセミナーは10:45~11:55
ショールーム見学ツアーは13:30~14:50

場所は、パナソニックリビングショールーム札幌7階、3階
札幌市北区北9条西2丁目1

参加は無料です。(ショールーム見学ツアーは事前予約)

木曜日, 7月 22, 2010

スカート断熱工法


札幌市内では凍結深度600mm。したがって地盤面から600mm以上の土工事の根掘り深さが必要とされる。今回はスカート断熱工法と呼ばれる基礎断熱で基礎を浅くする手法を採用した。土工事と基礎工事の工事費がかなり節約できました。

火曜日, 7月 20, 2010

講演をしました


20日、午前中は小樽商工会議所の工業委員会にて歴史的建築物修復についての講演をおこないました。小樽経済界の重鎮達の前で、小樽では修復による活性化を待っている建築やそれを楽しみにしている多くの市民がいることを訴えました。祝津・茨木家中出張番屋の実績を報告し、次の修復機会につながることを期待しています。

月曜日, 7月 19, 2010

建築家という生き方

昨年、他界した北海道の先輩建築家・上遠野徹氏の本「建築家の清廉 上遠野徹と北のモダニズム」が建築家会館の本として出版されました。2007年に出版された「建築家 五十嵐 正」とともに、北海道を舞台に生きた先輩建築家の生き様を伝える書物です。実は私が、上遠野徹・五十嵐正両氏のご子息と職場の同僚であったり高校の同期生であったりした関係で、どのような建築家なのだろうという漠然としたイメージがしばらくの間あった。そのことが今、この本を身近なものにしてくれている。

金曜日, 7月 16, 2010

山の手の家1

photo o.adachi

photo o.adachi

photo o.adachi



札幌市内に昨年竣工した「山の手の家」の完成後の写真です。撮影は、建築写真家の安達治さん。外観は、大小の片流れ屋根を組み合わせたシンプルな構成です。外壁は、北海道産のカラマツ羽目板を竪張りしています。内部は、床を北海道産のタモ無垢板フローリングで、壁天井を天然素材系のバターミルクペイント塗装と、自然素材満載の住宅となっています。

木曜日, 7月 15, 2010

基礎コンクリート打


15日午後、札幌市内の現場で基礎コンクリート打が行われました。写真は、真剣な表情でコンクリートを流し込みコテ押さえする職人さんたち。現場にて抜き取ったコンクリートからスランプ(測定値14.5cm)、空気量(測定値4.5%)、塩分量を測定し、圧縮強度試験用のテストピースを作成。ほぼ完璧な品質です。

火曜日, 7月 13, 2010

基礎鉄筋コンクリート

昨日、札幌市内の現場では、夕方近く雨が上がったのを確認し、ベースコンクリートの打設がおこなわれました。一般的なビル建築ではコンクリート打設は何度もある特別な一日ですが、木造住宅では数少ない工事の一つです。標準配筋の布基礎施工では、総工事費に占める割合は数パーセントにすぎません。今回はコンクリートミキサー車(アジテータ)で2台分の7.5㎥のコンクリート量を施工しています。

土曜日, 7月 10, 2010

布基礎配筋

10日、札幌市内の現場で布基礎配筋をチェックしました。横主筋はD13@300、竪筋はD10@300の標準配筋です。事前におこなった地盤調査結果と土工事現場での地質確認を経て、木造平屋住宅の自重と積雪荷重などの荷重条件を考慮したうえで基礎底盤巾は500mm、標準450mmの1割拡底としています。地中60mmのかぶり厚さ、継手長さなど基本的な確認をします。顔なじみの鉄筋職方と顔を合わせる数少ない機会です。

木曜日, 7月 08, 2010

捨コン

札幌市内の「質素な家」現場で、捨コン打設後の様子。捨コンの上に正確な墨付けがおこなわれている。敷地に1本残したシラカバに野鳥が飛来するという、基礎工事の職人さんの話を聞いた。

日曜日, 7月 04, 2010

突然の雨

4日午後、空が少し暗くなって突然の激しい雨が庭を直撃する。窓を開け糸を引く雨を、今朝TVの新日曜美術館で特集していた北斎が描くような直線の雨を見た。遠くで雷が断続的に鳴りだしたもののすぐに止み、また明るい空に戻った。

土曜日, 7月 03, 2010

シラカバを残す

2日午後、札幌市中央区の家の現場に遣り方(やりかた)確認へ向かう。図面上で、模型で検討した位置を実際の敷地で地面に落とし、最終的に建物の位置を決める。いわば平面の2D、立体の3Dから時間が刻々と移ろう4Dの次元へ、まさに建築が移行する瞬間だ。敷地に残されたシラカバの木立が中庭をつくる。根のダメージを最小限とするように建物を数百ミリずらすことにした。私が好きな瞬間である。