火曜日, 11月 29, 2011

屋上がコケで緑化されていた

HOUSE3屋上の美しいコケ、白いのは雪
私の住宅は、3軒の共同住宅の中にあって、その片隅に私の事務所まである。1年に一度は屋上に上がって排水口まわりをメンテナンスしている。今年は2回目だが、前回はまだ冬の時期だったから、防水押え砂利を見たのはちょうど1年ぶりだ。コンクリートスラブにアスファルト防水した上に押出発泡ポリスチレン板で外断熱した屋上を砂利で押さえているのだが、なんと、砂利の表面はコケのような植物で覆われているではないか。屋上緑化だ!排水口まわりに泥が付着して、降雨時には適度に水を溜めているのが原因だろう。今回、泥をきれいに取除いたので、さて来年はどうなっているのだろうか。
HOUSE3からHOUSE2屋上を見る

木曜日, 11月 24, 2011

ガルバリウム鋼板

安くて強くて不燃材でメンテナンスフリーでしかも長持ちする夢のような外装材がガルバリウム鋼板である。ただし切り口に適切な処理をしておかないと錆が出ることも忘れてはいけないが、このアルミと亜鉛の合金は、とにかく重宝する建築素材だ。JIA(社団法人 日本建築家協会)北海道支部では、地元のメーカー北海鋼機株式会社と提携してJIAオリジナルカラーというシリーズをつくった。
これは、なんとしても使わねばならないだろうというわけで、ホワイト色のものを角波で使っている。

水曜日, 11月 23, 2011

燻煙木材

札幌市豊平区の現場に搬入された燻煙木材のカラマツ羽目板
煙で燻(いぶ)した木材を使っている。北海道下川町産カラマツ材を燻煙加工した究極のエコ素材である。小樽祝津の鰊番屋では、カマドの上の梁や天井が煙で燻されて黒光りしていた。煙は木材の乾燥を促進し、表面を腐食から守る。なにより塗装なしで深く味わいのある色が付くのが嬉しい。

金曜日, 11月 18, 2011

初雪

今年の札幌での正式な初雪は少し前だったようだが、庭に雪が降り積もったのは17日が初めてだった。前の日の夕方、授業の前に北星学園大学近くのガソリンスタンドで冬タイヤに交換しておいてよかった。これから本格的な寒さが訪れる。寒い北海道では、なんといっても断熱の効いた暖かい家が一番だ。
9m×9mの小さな庭だが四季折々の表情がある

木曜日, 11月 17, 2011

キャンパスの片隅で

週一で通っている北星学園大学の授業、半期15回のうち16日で9回目を終えた。現在は、2.4m×2.4m×2.4mの立方体の中に納まるフォーリー(あずまや)を1/40の模型で表現するという演習をしている。建築設計とは直接関係のない文学部心理応用コミュニケーション学科で、私の受け持つ「空間コミュニケーション」講義の一環。
素人とあなどるなかれ、若い学生さん達の製作意欲はすごいのだ。私は、こうした体験を生かして将来、建築家に理解のある賢い施主になってくれたらと願っている。熱気溢れる時間が終わって、外は真っ暗。キャンパスの片隅に小さなクリスマスツリーが飾られていた。

火曜日, 11月 15, 2011

my favorite things~m.toyoshima exhibition

札幌市中央区にあるギャラリー創で開催されていた、先輩建築家の豊嶋守さんの建築展「My Favorite things」が昨日終了した。

画工房(かくこうぼう)を率いて33年の間に、約700点もの作品を誕生させているという。入口付近でお気に入りの招き猫と写ってくれた素敵な笑顔の豊嶋さん。同業者として、尊敬している。

月曜日, 11月 14, 2011

雪囲い

月曜日には雪が降る、というので昨日午後から庭の雪囲いを始めた。が、日没で中断。14日朝、幸いに?平地では降っていない。遠く手稲山の頂には白い冠雪が見える。14日は、午後からコンクリート打設現場がある。平地での降雪はもう少し待ってもらいたいと願っている。冬将軍がすぐそこまで来ていることだけは確かなようだ。
作業は50%の冬囲い
現場正面の手稲山頂は冠雪して白く見えた

金曜日, 11月 11, 2011

小樽市都市景観賞

小樽市都市景観賞に「茨木家中出張番屋とNPO祝津たなげ会の活動」が選ばれました。
11日(金)小樽市のHPと北海道新聞で発表がありました。単に番屋の修復工事だけにとどまらず、その後の地域活性化の活動を含めた評価を頂いたということで、たいへん価値ある受賞です。

木曜日, 11月 10, 2011

現場職人さんの模型

札幌市平岸で現場進行中の階段まわりができつつある。今日、その現場でスケッチのように作られた模型に触れた。


現場所長さんが、これを金物屋さんが作ってきた、といって針金細工のようなものを出してきた。階段の鉄筋製手摺の模型だ。木製で不安定な踊場を固定する吊鉄筋とそれに絡む手摺の鉄筋との位置関係を確認するために作ってきたらしい。実に分りやすい。何のために作ったのかが直裁に伝わる。私たちのスケッチや模型もこのようにシンプルに作りたいものだ。

水曜日, 11月 09, 2011

新聞記事

昨年のバルセロナでお世話になったガウディ研究家で建築家の田中裕也氏から、東京での仕事が完成したことを掲載した新聞記事を送っていただいた。外観写真でしか分らないがたいへん特徴のある幼稚園だ。記事には、「外壁はガウディも好んで使ったれんがにこだわった」また、「サグラダファミリア教会付属小学校の屋根の形を取り入れた」ともある。スペインと東京で素晴らしい仕事をされている。
田中裕也さんから送られてきた新聞記事
波型の屋根がサグラダファミリア付属小学校

火曜日, 11月 08, 2011

コンクリートブロック住宅のリニューアル

澄川の家のリニューアルが完成した。今回のリニューアルの目的の一つは、2室に分かれていた洋室と和室を一部屋にすることであった。床には無印のイグサユニット畳を使用した。押入れ襖は、間仕切りに使われていた襖を転用した。小さな床の間も新設した。洋室の窓には太鼓張りの障子を外付けして和室らしさと断熱性能を期待している。天井の羽目板の模様や2個連結されたパネルヒーターには2室だったころの名残がある。24時間換気システムの排気口などは動かすことが出来なかったのだが、これも改修工事ならではのこと。

月曜日, 11月 07, 2011

パネル凱旋

昨年10月~11月スペインのバルセロナで展示されていたA1版のパネルが、先月札幌駅地下通路空間で開催された報告展を経て、1年ぶりに戻ってきた。


バルセロにはコンクリートブロック住宅「グレイの家」を持っていった。組積造の歴史のあるスペインで見てもらいたいと思ったからだ。会場で会ったバルセロナの建築家は、コンクリートブロック造は普通の工法だけれど表面をそのままあらわしにする使い方はしない。これはティチーノの建築だね、と言った。彼らには、私がかつて衝撃的な印象を受けたマリオ・ボッタの下敷きが透けて見えていたようだ。ともあれ、地球の反対側まで行って無事に戻ってきたパネルよ、ご苦労様。

日曜日, 11月 06, 2011

コーヒーメーカー

私は仕事をしながらコーヒーを一日に数杯はかならず飲むので、コーヒーメーカーは仕事道具の一つになっている。ところが、昨日、突然壊れてしまった。スイッチを入れても起動しないのである。思い返せばもう随分使ったシロモノだから、このあたりが換え時なのだろう。そこで、同じ無印良品を求めて最寄の西友へ行った。が、あるはずのフロアーに店舗がない。尋ねてみると西友の無印良品の店舗は、札幌市内では旭丘と手稲だけだという。知らなかった。やっとのことで、手にした新着機でさっそく試飲する。新着機は、円筒型でカップがステンレスになっていた。以前のものはガラスだった、一度割れて取り替えたことを思い出した。改良を加えたと言うことだろう。ホット一杯だ。

金曜日, 11月 04, 2011

コンクリートブロックのエコ住宅

先月30日の秋田の建築家・西方里見氏とのミニ建築行脚の最終目的地は[千歳のエコハウス]だった。日もとっぷり暮れてあたりは真っ暗闇の中、外観シルエットがかろうじて判別できた。もちろん写真などは撮れない。補強コンクリートブロック3階建の外断熱仕様でスラブに床暖房を備え、屋根にはソーラーパネル、ドイツ・スティーベル社の空気熱源のヒートポンプによる給湯暖房システムを備えた、フル装備だ。3年前に竣工した。



写真は、半村隆嗣氏撮影。

火曜日, 11月 01, 2011

コンクリートブロックで住宅をつくろう~コンクリートブロックのサクラダファミリア

建築は土地に建つものだから、その土地で入手可能な素材でつくられる。石造が当たり前のヨーロッパで、石の代わりにコンクリートブロックで建てられた教会堂がある。それもガウディの一番弟子が建てたサクラダファミリアのような教会堂だという。一年前のバルセロナ行きの折、北海道でコンクリートブロック住宅を作ってきた私としては、見ておかなくてはならないと思った。コンクリートブロックでここまでできるのだ。
建物名:モンセラット礼拝堂(Santuario de Montserrat)
所在地:モンフェリ(Montferri,Alt Camp,Tarragona,Spain)
建築家:ジョゼップ.マリア.ジュジョール(Josep Maria Jujol)