日曜日, 4月 27, 2008

ラジオ(radio)


26日は、道東の帯広で一日過した。少人数の住宅セミナーをASJ帯広スタジオで行なうのが主目的でしたが、ついでに建築家を紹介するラジオ番組の収録という初めての体験をした。写真は収録を終えてほっとしている山之内と、よく通る美声で話をうまく誘導していただいたFM帯広のパーソナリティー梶山憲章さん。放送予定の5月3日と17日の午前10時半には札幌で77.8MHにチューニングしてラジオに耳を傾けるつもりだと言ったら、可聴域は帯広近郊のみで札幌では聴こえないはずという。すこし残念。

水曜日, 4月 23, 2008

小樽(otaru)


最近小樽に行く機会が多い。暖かい陽気に誘われて桜が咲いた今日も小樽にきていた。街は生きもののように日々その姿を変えている。北海道では比較的古くまた質のよい建築物がまとまって残っている小樽でさえ古きよき街の風景が少なくなっているのを感じる。昼食を兼ねた打合せに向かった「静屋通り」で写真の町家が取り壊されるという、またひとつの風景が消える。

火曜日, 4月 22, 2008

グレイの家(grayish house)


今週末4月25~27日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「スタイルハウジングEXPO2008」で札幌の住宅雑誌社リプランの展示スペースに私のパネル「グレイの家」を展示予定です。興味ある方はご覧下さい。同時に10名ほどの北海道の建築家パネルも展示される予定。主催者HPには「ライフスタイルに合ったこだわりの住宅を建てようという住宅購入検討者に向けハウスメーカー・工務店・建築設計事務所など100社以上が出展しデザイン住宅を提案します。」とあります。インターネットで事前登録すると入場料2000円が無料になるようです。

月曜日, 4月 21, 2008

ソーラーパワー復活(solar power)


半年振りに庭に水瓶がよみがえった。太陽光発電による小さな噴水も復活した。札幌は例年になく桜の開花が早いという今年。待ちに待った春が早くきたようだ。それだけで理由なく嬉しい。

月曜日, 4月 14, 2008

木製ベンチの点検


雪が融けてしばらくたった自宅の庭に冬の間しまっておいた木製ベンチを置いた。これから次の冬がくるまでの半年間この場所に出しておくことになる。ベンチとテーブルは3年ほど前に近くのホームセンターで入手した。つくりは本当に簡素なもので最小限の細い部材をビスでとめボルトとナットでつないでいる。だからことしも使い始めは裏返してビスが抜けていないかナットが緩んでいないかを点検しなければならない。これがなかなか楽しい。

日曜日, 4月 13, 2008

東札幌の塔屋(penthouse)


昨日打合せの帰り道で、ミゾレ混じりの灰色の空にポツンとサイコロのような塔屋を見つけた。早速車を路肩に止めてしばらく眺めた。工場か倉庫のエレベーター機械室だろうか、直方体の外壁と規則的に組み込まれた明り取りガラスブロックが、形態を象徴的にしている。律儀にガラスブロックの中心に目地を切っているところもいい。電線に邪魔をされて歩道からはうまく見上げることが出来ないが、この塔屋はこの場所を印象付ける目印として十分な存在だと思う。これも建築の力でしょうか。

火曜日, 4月 08, 2008

地鎮祭


きょう午前中、真駒内東町の家で地鎮祭があった。構造は木造一部RC造、規模は地下1階地上2階建て。およそ130㎡の小住宅。
設計は、階段の蹴上げ寸法180㎜の倍数をもとに天井高さなど全ての断面寸法を決定するところから始まり、最終的に全体を5つのフロアーによる断面構成いわゆるスキップフロアーとした。また、北海道産木材で無垢の自然素材を構造材と仕上材に多く使用する予定。
昨年来準備を進め雪解けを待ちようやくこの日を迎えることができた。こういう日はいつも嬉しい気持ちになるものです。

月曜日, 4月 07, 2008

フロッタージュ


建築専門誌の新建築4月号で真壁智冶氏のなつかしい名前を見つけた。真壁氏は、70年代の初頭「タウ」というアングラ?雑誌で、私たちに都市=街の奥行きや楽しみ方を教えてくれた一人。後年、私は札幌市教育文化会館でのイベントに参加した。彼は、建物の外壁など手当たり次第に画用紙を当てて6B鉛筆でこすりだすフロッタージュ手法を伝授してくれた。私たちが向かった大通り公園近くの老舗デパートの階段室の壁には、大理石が貼られていた。こすりだしながら大理石に小さな化石を発見した。その瞬間、私たちは地球の歴史に思いをはせ、手に触れている石が建築素材の一番上質なものなのだと了解した。

先月末に帯広の街を早朝散策したのは五十嵐正建築の発見と鑑賞が目的ではあったが、通りがかりに偶然目にする街の奥行き感を楽しみたかった。私は、建築のつくり方にこうした街や建築を発見する方法論が生かされることを信じている。

写真は、6B鉛筆と舗装用敷石のフロッタージュ。

コンサバトリー(conservatory)


昨日の設計相談会は、入学入園式などと重なったせいか開店休業状態でした。次回は来週13日〈日曜日〉開催予定です。ご希望の方は山之内建築研究所のホームページからメールでご連絡ください。

コンサバトリーという温室のような空間があります。以前、米国マサチューセッツの海岸沿いの街で見たコンサバトリーはバルコニーに連続して庭や海に向かっていかにも気持ちのよい場所に思えました。
写真の模型は、とある量産化住宅のプロトタイプです。米国での体験を形にしたもので、北国の住空間に熱環境的な緩衝空間をつくる目的があり、玄関と居間にガラスで囲ったコンサバトリーを設けています。居間のはサンルーム、玄関のは風除室と言うべきでしょうか。

金曜日, 4月 04, 2008

日曜設計相談


4月6日(日曜日)、山之内建築研究所にて設計相談オープンオフィスをいたします。
時間は午前10時からです。
ご希望の方は前日に電話またはメールにてご予約が必要です。山之内建築研究所のホームページからお入りください。
今年新築を考えている方、土地選びに迷っている方、住宅の建て方をお知りになりたい方、事務所をご覧になりたい方、ぜひご連絡ください。お待ちしています。

火曜日, 4月 01, 2008

ロボットの時間


ドラえもんの物語は作者が不在になって続偏が楽しめないが、先日の夕張ファンタスティック映画祭で観た映画「僕の彼女はサイボーグ」「死神の精度」は時間を行き来するまさにドラえもんの続きのようで楽しめた。
昨日TVでRピアノが建築家は夢みる冒険家だと語っていたのが妙に記憶に残っている。彼もドラえもん?
あらゆる情報がインターネットで世界を駆け廻る時代、確かなものはやはり手に触れ体感できるもの。そう信じる私はばたばたと地べたを駆け巡り、小さな夢をつくり続ける建築家。住宅を夢見ているまだ見ぬクライアントの皆さんとお遭いする時が一日も早く訪れることを願っている。
アシモ君のミニチュアを見ながら思う今日はMLBの安打ロボット・イチローも開幕する4月の1日。