火曜日, 2月 07, 2017

DIYの型紙

私がDIYという言葉に出会ったのは、確か1970年代の「都市住宅」誌だった。自分自身でやる、自力施工の住宅紹介記事だった。設計という空気のような行為が、施工というリアルな存在に満たされていく思いがした。以来40年、棚一枚を取り付けるにしろ、デザインを考えながら寸法を測り支持金物を固定するという完成までの体験は、実に満足するものだ。素人仕事の出来はともかく、そこにはモノづくりの楽しさがある。実は私の年老いた母親もまた、何かとDIY好きなのだ。特に、衣服については昔取った杵柄というのだろうか、ちょっとした普段着は自分で作ってしまう。母が2年前に作った作業ズボンの型紙を、半ば強引に譲り受け額に納めてみた。型紙は、紙袋の裏面クラフト紙の再利用である。これもなかなか泣かせるのだが、額に納めるとちょっとしたアートに見えてくるから不思議だ。

0 件のコメント: