火曜日, 10月 13, 2015

建築家はチャレンジし続ける

10・6の午後、半蔵門近くの会場で第22回空間デザインコンペティションの表彰式があった。「僕の小部屋」が作品部門で入賞した。実は、9年前にも同じ受賞をしている、2度目だ。コンペのアドバイザーは、かつての新建築編集長だった馬場璋造氏。表彰式の後の懇親会で、「選ばれてこそ建築家です」という前回祝辞が記憶に残っている。今回は、「建築家はチャレンジし続けなければなりません」という言葉をいただいた。「どんな仕事も、チャレンジなしでは手にすることすらできません」と、まさに私へ向けて発せられたような言葉だ。二次会は、近くの蕎麦屋で友人と数年ぶりの再会を果たすというおまけ付きであった。新しい力がこみ上げてくるような…気がした。
入賞した応募作品の前にて
二次会は東京の友人たちと乾杯
馬場璋造氏の祝辞