日曜日, 12月 28, 2014

北広島のコートハウス

ちょっとフライング気味ですが、週間ブロック通信(1月1日号)が届いたので載せてみました。
今回は、北広島の家。かれこれ18年前の設計です。長く使えるようにと、メンテナンスフリーを心掛けました。居間から庭へ出る木製デッキだけは通常のツーバイ材に塗装のみでしたから、腐食が進んで取り換えることになりましたがあとは問題ありません。コート掛けやロッカーなどの固定家具から、食卓テーブルとイス、ソファーとセンターテーブルなどの可動家具まで特別に家具屋さんと協働してデザインしました。かけたエネルギー量に比例して長持ちするようなそんな気がしています。しっかり仕事してよかった、と感じるこのごろです。

月曜日, 12月 15, 2014

住宅の現場から

完成に向けて急ピッチで進んでいる住宅の現場から外観写真をお届けします。
集合住宅の一形態である長屋建て形式の住宅です。2戸の住宅が接しています。
南側外観、グレー色ガルバリウム鋼板とカラマツ燻煙木材板を組み合わせました。
下に、全体が分かる完成模型を追加しました。


月曜日, 12月 08, 2014

ガラスブロックで家の中に部屋をデザイン。

2階に12㎡のオープンスペースがあります。80cm幅の通路を残し、8㎡(約5帖)の子供室をつくることになりました。クライアントの要望は、①居間の上なのでTVの音が聞こえないようにしたい、②もともと明るく開放感のある場所だったのでその雰囲気を残したい、③収納は充実させたいというものでした。
そこで、私はガラスブロックを使い、光を透し音は遮断する壁と収納壁の組み合わせを提案しました。ガラスブロックには、すぐれた遮音性能(500Hzで透過損失38dB)があるからです。これは100mm厚の軽量コンクリート板いわゆるALC板(500Hzで透過損失34dB)を上回る性能なのです。もちろんガラスブロックは相当程度の光を透過する性質があります。(可視光線透過率は28%)
ガラスブロックを用いることで、クライアントの要望を100%達成するデザインとなりました。
(データは全て日本電気硝子株式会社の技術資料による。)

今回は子供部屋でしたが、ちょっとした書斎や茶室、アトリエなどさまざまな展開を考えると面白いです。
2階のオープンスペースをガラスブロックで囲う
ガラスブロックを透過する外部からの自然光
解放感がある室内

オープンスペース、部屋をつくる前の状態
吹抜側の手摺はそのまま残している