月曜日, 9月 01, 2014

住宅着工件数

平成25年の住宅着工件数の統計を見たところ、北海道内の戸建コンクリートブロック造住宅は前年と同じ1軒で、それも私の所で設計したものが唯一のようだ。全国的に見ても、沖縄を除くとほとんど無いに等しい。なぜこうなったのだろうか。外断熱工法と組み合わせ、比較的安価に出来ていたコンクリートブロック住宅がいつの間にか姿を消した。長年かかわってきたものとして、見過ごすわけにはいかないという思いがある。
数年前から、コンクリートブロック住宅の衰退が危惧されてきた。有効な手立てがないまま数年が経ち、今日に至っている。一方、既存のコンクリートブロック住宅をリノベーションして再生利用する、という試みが成功しているという。こうした状況を大局的に俯瞰する目がいま求められているのだろう。だれか、シャープな分析と次の一手を示唆してほしいものだ。