日曜日, 4月 29, 2012

春の庭

29日、ガーデンストーブを庭の所定の場所に設置した。つい最近まで雪が残っていたYYAAの日陰庭にもクリスマスローズなどが美しく咲いている。札幌の街なかでは春の風物詩のようなアスファルト道路のライン引きももうすぐ終わる頃だろうか。



金曜日, 4月 27, 2012

アトリエ訪問

遅まきながらタイヤの交換と定期点検のため札幌市西区八軒にあるディーラーの整備工場へ向かった。2時間かかるというので散歩がてら近くにある同業者のアーキラボ・ティアンドエムの新事務所におじゃました。外観は木張りのボックス。一転内部は白塗装壁。室内中央にカラマツ合板のボックスがある。シンプルにして清々しい。突然の訪問にもかかわらず美味しいストロベリーティーとビートルズのBGMで歓迎していただいた。ありがとうございました。


木曜日, 4月 26, 2012

納豆

納豆工場が同居するビルでの打合せ先で、納豆は好きですか?と聞かれてうっかりハイと答えてしまったら帰りがけに頂いてしまった。道内各地で栽培されている特徴的な大豆を使ったものでどれもとても美味しい。特に大粒のつるの子納豆は全国の品評会で最高賞を得たばかりだというので真っ先に食べたのだが期待以上の美味しさだった。

月曜日, 4月 23, 2012

飲みかけのお茶

22日は、日曜日。午前中は10数年に一度巡ってきた持ち回りの町内会班長の会議へ出席。配布された回覧用のプリントとお茶のPETボトルを持ち帰った。


午後、札幌市内中央区で始まったリフォームの打合せでもクライアントからお茶のPETボトルをいただいた。いま飲みかけのお茶2本バッグの中から取り出して、友人からの定年退職の挨拶状を読む。新年度この時期ならではのこと。

土曜日, 4月 14, 2012

タイヤの軌跡


テイネ山頂には雪が、スキーも土日だけGWまで可能です。
 札幌市内の住宅機器メーカーのショールームを巡ってみた。久しぶりなので、ホームページで場所や営業時間・休日を確認してから出かけた。私は普段、気に入ったエレメントを組合せ特注家具化する方法をとっている。こうすることでクライアントの個別の要望に応えられ、より大きな満足を得、そのうえコストを抑えられる可能性がある。その考えは変らないのだが、最近すこし事情が変化してきたように感じている。パッケージ化される範囲が徐々に大きくなって、質の良い特徴のある既製品が多く出てきた印象がある。それを確かめておきたいと思っていた。


具体的には省エネ対応、省資源対応、高齢者等福祉対応、VOC等健康対応、そして耐震対策などである。そこにあるコスト意識、そしてユーザーのデザイン感覚やライフスタイルへの意識は独特のものだ。今回は、クリナップ、タカラ、TOTO、パナソニック、ヤマハ、リクシルのポピュラーなところをまわったのだが、他に海外ブランドの代理店や無印、ニトリ、サンワ、イケヤ等々数え上げればきりがない。それだけユーザーの意識が多様なのだと教えられる。

帰って車を車庫入れする。アスファルトにタイヤの跡が残った。ショールームを見てユーザーの動きを推し量ることは、タイヤの軌跡を見てハンドル操作を想像するよりよほど難しいとしみじみ思う。

水曜日, 4月 11, 2012

ichi×yu

10日、札幌は朝から晴れ。NHK地上波で9時からMLBファンに嬉しい中継がありました。私がTVのリモコンを手にしたのはすでに10分経過していたところで、画面はちょうど初回のyuダルビッシュ×ichiイチロー対決の真っ最中。それから、6回まで観てしまった。今回はしっかり準備してきたであろうichiイチローが貫禄を見せつけましたが、次はyuダルビッシュがどう魅せてくれるのか、一喜一憂(ichi×yu)が楽しみになりました。
NHKTV画面からiPhoneにて撮影

土曜日, 4月 07, 2012

4月6日

YYAAの庭
YYAA(山之内建築研究所)は、1990年4月6日にスタートして満22年です。思えば超スローペースで設計活動をしてきました。たくさんの大切なクライアントさまと、設計監理をサポートしていただいたみなさまに感謝いたします。明日からもどうぞよろしくお願いします。
YYAAが入居するshinkotoni housing

水曜日, 4月 04, 2012

春よ来い

YYAAの庭も冬に逆戻り
4日、札幌は春の嵐で強風に粉雪が舞う。4月なのに春はまだ遠いようだ。この季節ディーラーから案内が来て、定期点検と同時に車のタイヤを冬用スタッドレスからノーマルタイヤに交換するのがいつものことだけれど、今年はタイミングが難しい。そして建設予定敷地を早く見に行きたいものだが、敷地は凍てついた雪の下にあるという。早く春が来て欲しいものです。

火曜日, 4月 03, 2012

ミースのシーグラムビル


2003年10月のシーグラムビル。いそいそとエントランスの回転ドアを通った。回転ドアはガラス一枚天井で内部に組み込まれ、シンプル過ぎて外部からは見えない。エレベーターコアのトラバーチンに圧倒され、そのうえ巨漢ガードマンの迫力に気後れし、そそくさとプラザに出てしまった。


他のスカイスクレーパーとは違う威圧感がある。バルセロナパビリオンと共通するプラザと池と植え込みが基壇をつくる。構成はよく似ているのだが、雰囲気が全く違う。建築のチカラの不思議。