火曜日, 6月 29, 2010

新聞記事


北海道新聞小樽版に、25日の鰊番屋フォーラムの記事が掲載された。司会進行役をしてくれた北海道職業能力開発大学校の駒木さんから切り抜きのコピーが送られてきた。記事には丁寧に山之内建築研究所の提言も載せていただいた。


発言席にいて感じたことは、かつて小樽運河保存運動の転機となった1976年の第1回ポートフェスティバルで、数々のフォーラム会場となった前野麻袋倉庫(現存せず)での雰囲気と実によく似ているということだった。小樽との長い付き合いもそれからのことだ。

月曜日, 6月 28, 2010

地鎮祭

27日、真夏のような陽ざしの中、札幌市内で地鎮祭があった。これから数ヶ月間、住宅エコポイントを申請している木造平屋の現場が始まります。

金曜日, 6月 25, 2010

竣工式










25日は、午後から小樽へ向かいました。3時からの鰊番屋の竣工記念行事に、記念フォーラムのパネリストとして参加しました。5時からは、にしん街道標柱の除幕式がありました。その後の食事会では、見事な大きさのにしんの焼物、三平汁、ほたてなどを美味しくいただきました。刺身の醤油皿がないですねと向かい合った地元の漁師さんに話したら、ほたての殻を皿代わりにするんだよと、やさしく教えてくれました。さすがに漁師さん。


祝津の小さな鰊番屋修復工事の竣工式に、この街のいわゆる産官学のトップ、小樽商工会議所会頭、小樽市市長、小樽商大学長が顔をそろえました。このことは、祝津地域ばかりではなく小樽全体の夢を乗せたプロジェクトだということを物語っています。

火曜日, 6月 22, 2010

鰊番屋の竣工






昨年12月に着工し、3月から本格的な工事が始まっていた小樽市祝津3丁目にある茨木家中出張(いばらぎけなかでばり)番屋の修復工事が22日ようやく竣工しました。明治後期の北海道鰊漁の最前線にあった魚場建築で、何の虚飾もなく実用に裏打ちされた直截なつくりが見るものを圧倒します。今後は、会館として地域の町内会の運営に委ねられ、地元に密着した最大50名程度のミニイベント等に利用されることになります。25日には盛大な竣工式があり、私も記念フォーラムのパネリストとして参加する予定です。

月曜日, 6月 21, 2010

旧永山武四郎邸

正面玄関
庭から応接室、表座敷を見る
洋風の応接室
和風の表座敷
街を走っていて気になる建物がある。20日、札幌市の中心部札幌ファクトリーの近くにある明治初期の住宅、旧永山武四郎邸を初めて訪ねた。下見板張りの外壁と上げ下げ窓のある、明治期の北海道に特有の洋館だ。「この建物は、明治10年代前半、屯田事務局長時代の永山武四郎が私邸として建築したもの」と解説書にあった。

日曜日, 6月 13, 2010

まつり

北海道に一年中で一番よい季節が到来しています。つい先月まで雪が残っていたと思っていたら、札幌は今日気温28度の真夏日。じめじめとした梅雨もない。というので、この季節は北海道各地が祭りづく。13日は、第19回「よさこいソーラン祭り」が最終日でした。両側4車線道路を封鎖した新琴似会場の様子を撮りました。また25、26日は、小樽祝津の恵美須神社祭があります。修復工事で生き返った茨木家番屋のお披露目です。

火曜日, 6月 08, 2010

リアルな年輪

設計者はアマチュアであってはいけないが、プロフェッショナルであるがゆえに時として理想論を振りかざし自ら宙に浮いてしまうことになる。授業の講義や何かの講演会であったならば少々のことは(?)大目に見てもらえるかもしれない。しかし、目の前にいるクライアントは現実のリアルな問題の只中にいる。建築家は緑が好きだから、クライアントが落ち葉の行方を近所からの苦情を陽が遮られるのをどんなに訴えても出来るだけ敷地に緑を残したいと正義感を示すのだ。数日後のある日、クライアントがあの木は切ってしまいましたからと晴れ晴れとした顔で宣言した。切り株の年輪を数え、建築家は自身がアマチュアであることを悟るのである。

火曜日, 6月 01, 2010

無垢材と合板材

リーズナブルな外壁仕上を選択する局面で、木羽目板無垢材の無塗装仕上(向かって左)または木合板材の塗装仕上(向かって右)か二者択一を迫られている。見積金額はほぼ同額だ。素材の耐久性を考えれば無垢材の勝ちなので、今回は無塗装で素材そのものの色にしましょうと提案するつもり。どちらも北海道産カラマツ材。今日から北海道の一番素晴らしい季節が始まる6月だというのに悩みは尽きない。