月曜日, 6月 29, 2009

BASE4展2終了


28日、9日間にわたって開催されたBASE4展2「44歳からの家づくり」が、カンディハウス札幌・双子山ショールームの全面的なご協力のもと、無事終了することができました。周知の範囲が限られていたこともあり、大盛況とはいきませんでしたがお越し頂いたみなさまには私たちの住宅への想いをお届けすることができたように思います。本当にありがとうございました、そしてまた次回にご期待ください。

写真はBASE4展・27日のトークイベントのようすです。


本日発売のリプラン85号に山之内建築研究所の最新作「真駒内東町の家」が掲載されました。

水曜日, 6月 24, 2009

西野三角公園の家


24日、20年前に竣工した「西野三角公園の家」へ、プチリフォームの打ち合わせに向かった。
居間に上がる。打ち合わせテーブルの上に、20年前に作った模型が置かれていた。当時、ありあわせの段ボールや黒色紙に白い色鉛筆でサッシラインを描きこんだ、いかにも急ごしらえの模型。お世辞にも上手いとはいえないが、20年の埃にまみれた姿は愛おしくもある。いっぺんに当時のやり取りが蘇ってきて、思い出話に花が咲く。私は住宅へのデザインする気持ちはいまも昔も変わらないと言って、しまったと思った。
こんなふうにまんまと施主の罠にはまっては小さな仕事をせっせとしかし楽しくしている。

月曜日, 6月 22, 2009

BASE4展2日目


20(土)21(日)、BASE4展の2日間を終えました。初めての場所で宣伝も最小限でしたので、いまのところお客様はまばらですがこれからが楽しみです。地下2階の会場は、外の木々が日陰を作っていてとても涼しく景色が抜群です。白い花を咲かせたヤマボウシが美しく、それだけでも癒されます。28(日)までですので、ぜひお越しください。
写真、右から松橋さん、國澤さん、平尾さん、そして階段に貼り付いているのが山之内のパネルです。

土曜日, 6月 20, 2009

BASE4展たしかなるもの2







20日(土)からカンディハウス札幌(双子山ショールーム)にて、「BASE4建築展たしかなるもの2―44歳からの家づくり」が始まりました。28日まで開催です。無料住宅相談などをしています。ぜひお越しください。

火曜日, 6月 16, 2009

ジンギスカン鍋とIH


15日、月一で活動中のユニバーサルデザイン研究会(UD4)のメンバーが道外に移住するというので、壮行会がサッポロビール園であった。
ガーデングリルという場所。赤レンガのビール園を眺めながら食事できる場所で、少人数の宴会客や車椅子客にも利用できるように考えられている。各個室には専用テラスがついていて屋外でもジンギスカン鍋ができるようだ。目を引いたのは、ガスコンロではなくIHコンロになっていたところ。鍋以外は熱くならないので安全。ガスの余熱で顔が熱くなることもない。
先日、あるショールームでIHを使ったプロの料理人の実演を見た時、普段はガスだがたまにIHで作ることもありますよと言っていた。
電気を使える場所では、IHはUD(ユニバーサルデザイン)への一歩なのだろう。
写真は、iPhoneカメラで撮った美しい赤レンガのライトアップ。雨上がりの緑に映えている。

土曜日, 6月 13, 2009

よさこいソーラン2009




札幌では、季節の行事に定着した「よさこいソーラン祭り」が今日から始まっている。
私の事務所近くでは、新琴似通りの沿道200メートル以上を通行止めにして祭りの会場となる。
午前中に打合せを切り上げて、見物に出た。新琴似太鼓の演舞があり、地元のグループ「新琴似天舞龍神」が最初に踊る。ほんの2ヶ月前までは雪が降っていたこの道で、北国の短い夏を手招きするように明るい笑顔が楽しい。

金曜日, 6月 12, 2009

たしかな基礎土台




基礎断熱を施す「柏丘の家」現場では、120角の米ヒバ材による土台敷きの最中。基礎コンクリートの気密を保つ土台パッキンは、ジェイベック社のレール500を使用。
「たしかなるもの」の本質は、良いものを永く使うこと。家を長持ちさせるためには、骨組みをしっかり造るのは言うまでもないこと。基礎や土台は始めの一歩で、次に北海道産カラマツの柱梁が待機しています。

月曜日, 6月 08, 2009

下見板張壁


8日、旭川での打ち合わせの帰路、滝川市内を通過中に下見板張(したみいたばり)の建物「中川かなもの」商店の赤い看板に目を奪われた。

さすがに金物屋さん。緑色の屋根には多数の雪止めが取り付けられ、壁には黒々とした下見板を透かして唐草模様に縁取られた金網の上に赤い文字を浮き出させている。緑に赤のクリスマスツリーのようなインパクト。

歩道に面したガラス窓ごしに積み上げられた薪ストーブ、スコップ、脚立、ビニールシート、電気掃除機やテーブルなどの家具が並ぶウィンドウショッピングが楽しめる。郵便扱いの看板やインフルエンザ用のマスクありますの張紙も見える。なんでも揃っているコンビニのようだ。一度店内も見てみたい。
40数年前、私が中学生だった頃の1年間の短い期間この町で過した想い出がある。それでということではないのだが、このような風景は懐かしく温かく感じてしまうもの。

日曜日, 6月 07, 2009

風景よりフレンチ


6日土曜日札幌市内で、元所員だったN君の結婚披露宴に出席しました。披露宴会場は、なんと再来週に迫っている「BASE4建築展」の会場となるカンディハウス札幌の隣です。外からは全く気づきませんでしたが、藻岩山麓通りに面する建物の奥に中庭があります。
原生林が生い茂る斜面と、建物にはさまれた中庭でガーデンパーティができるというわけです。
今にも泣き出しそうな空模様でしたが、会場は緑に囲まれ和やかで幸せムード満点でした。
写真は、緑の風景とともに味わった最初の一品です。

土曜日, 6月 06, 2009

たしかなるもの


2週間後に迫ったカンディハウス札幌でのBASE4展覧会、「たしかなるもの2」の準備でそわそわしているこの頃ですが、先日こんなパッケージをみつけました。コープ札幌の産地直送品鶏卵です。「たしかな卵」という文字にひかれて注意書きを読むとなかなか興味深いものがありました。
植物性の餌で育てた鶏が産んだ卵を洗ってパック詰めまでを農場で切れ目なく一貫管理している、という。また自分の目で確かめたい向きには農場の見学もできる、というのです。
安全基準の数値をならべて表示するような従来の形式よりも、よほど頼りがいがあるように感じてしまうのは私だけでしょうか。こちら(消費者)側に踏み込んだ語り口を建築家も学ばなくてはならない、そう思うこの頃です。

月曜日, 6月 01, 2009

BASE4建築展ご案内


6月20日から設計チーム「BASE4」による建築展~たしかなるもの2~44才からの家づくり、を準備中です。

2006年以来3年ぶりに、家づくりを考えている方に向けて直接コミュニケーションできるように、家具メーカーのカンディハウス札幌ショールームをお借りしての開催です。

是非お越しください。


場所:札幌市中央区双子山4丁目 カンディハウス札幌

日時:6/20(土)~28(日)の9日間、10:00~18:00

無料住宅相談:20(土)、21(日)、27(土)、28(日)

トークイベント:27(土)、15:00~17:00