月曜日, 2月 23, 2009

最終講義


20日は、室蘭工大の黒澤和隆教授の最終講義に出席してきました。師の新しい旅立ちに同席でき感慨無量でした。写真は、7階の黒澤研究室にてのスナップ。iPone携帯画像のため、不鮮明の件はお許しを。黒澤先生は3月末にて定年退職されますが、引き続き4月からも図学の講義を受け持たれるとのことです。

木曜日, 2月 19, 2009

センサー


昨日は、10年前に新築したお客様から緊急電話があった。「出かけようとして車庫の電動シャッターを開け、車を出したのだがそのまま閉まらなくなった」という。工務店と一緒にかけつけてみたら、車庫に置かれた古新聞紙の山に事故防止用センサーが反応していたのだった。住まい手の使い方が原因だった。機械の故障ではなく一安心。
今日は、事務所の個別暖房用として活躍している密閉式石油ストーブがダウンした。取扱説明書を見ても要領を得ないので、メーカーに緊急電話し来てもらう。カーボンが付着して異常燃焼防止用センサーが働いているため点火しないのだというので、センサーごと燃焼プラグを交換した。聞けば十分に耐用年数を全うしているという。写真は、生き返った三菱クリーンヒーター。20年近く使用してきたが、まだしばらくは現役だ。センサーが安全を守る、というお話2題。

火曜日, 2月 10, 2009

外断熱のすすめ


エコブームに乗って外断熱関連の企業は元気がいい。昨日9日は、外断熱工法部材の開発と施工販売を手がけて10数年の実績がある札幌市中央区の〈株〉テスク本社を訪れた。
現場打ち鉄筋コンクリートとプレストレス鉄筋コンクリート、工場生産プレキャスト鉄筋コンクリートの部材供給と施工バリエーションを持っている。私としては、これに補強コンクリートブロックを組み合わせたものも追加してほしいところだ。
本社近くにあるモデルハウスも見学させていただいた。設計は本社屋とも画工房。


実は、高校生だった40数年前、私の家族はこのあたりに住んでいたことがありとても懐かしかった。写真は詳しく説明をしていただいた丹社長。逆光のためお顔が写っていない。ごめんなさい。

土曜日, 2月 07, 2009

冬まつり


6日午後、打合せで旭川を訪ねました。札幌市内では、「雪まつり」開催中ですが、旭川市内でも「冬まつり」が7日(土)から始まります。JR旭川駅前を起点とする「平和通買物公園」がその会場のひとつで、写真のような氷の彫刻がけなげに並んでいます。建設中の構造体が見えてきた新しいJR旭川駅を背にして、丸井今井や西武などの動向が気になる大型店舗建築も視界に入ってきます。まさに、街はいきいきとした生きもの。凍てつく極寒の街は、強くたくましく見えた。

月曜日, 2月 02, 2009

温度測定


2月になり厳寒期の温度測定のため、「千歳のエコハウス」のセンサー(オンドトリ)の設置状況を確認してきました。2日は、昨日までの大荒れの天候がウソのような穏やかな晴天に恵まれ、また千歳は札幌よりもさらに暖かい1~2℃のプラス気温。
センサーは、室内各階×3、屋外×1の計4ヶ所に設置し、外気温と室内気温の変化を記録します。
写真は、暖房用ヒートポンプ屋外機。ヒートポンプの動力源である電気使用量も計測し、エネルギー消費量を確認します。今日は、太陽光発電の効率もいちだんと良いようです。

日曜日, 2月 01, 2009

建築家とつくる


2月初日の今日、北海道の住宅雑誌社リプランがプロデュースする「建築家との家づくり」イベントに参加しました。あいにくの大荒れの天候にもかかわらず、ご来場されたお客さま、ありがとうございました。そして私を含め6名の参加建築家の話に熱心に耳を傾けていただきました。皆さまの夢の住宅づくりに、私たち建築家は全力でお手伝いしたいと思います。
写真は、会場になったリプラン社屋前の駐車場。温水ロードヒーティング配管が降り始めた雪を融かしている様子が、模様になっている。外気温はー5℃、北海道ではやっぱり暖かい家が欲しいですね。