土曜日, 11月 29, 2008

長沼


29日、長沼町内で設計チームBASE4のメンバーたちと数件の建築を見て歩く機会があった。昼食に立ち寄った食堂の窓から偶然見えたのが、私のクライアントでもあった彫刻家・故丸山隆さんの屋外彫刻だった。作品名「触知座標」といい、1994年の制作である。丁度その年は長沼に離農敷地を借り受けてアトリエを開設するというので、私が依頼されて設計監理をしていた。断片的な記憶では、彫刻本体は南米産の白御影石で構成され、形状はこの地を走る緯経度グリッドを表しているということだった。彫刻設置の折、基礎や構造の技術協力をさせていただいた懐かしい思い出がある。いま、彫刻はナナカマドやシラカバに温かく守られているようだ。

東札幌の家リフォーム


28日午後、東札幌の家のリフォーム現場に向かった。ほぼ完成に近づき、来週には引き渡しができる。
水まわり配管の位置が固定されているため、プランは、リフォーム前とほぼ同じである。主に床壁天井の仕上げを新しく変更している。変更後のプランが読めることは、クライアントの計画を進めるうえでの理解を助けたようだ。家の片隅に追やられたような以前の暗く狭く感じる和室は、広さこそ無いが家の中央にあって開放的に明るく変身している。アイランドキッチンも今回のリフォームの目玉だ。いつものように、石狩市の家具屋さんの特注品。電気ボーラーによる温水パネルヒーターと24時間計画換気、水性塗料による壁天井仕上げと石鹸ワックス仕上げのタモ無垢フローリングなど、いつもの仕様。

木曜日, 11月 27, 2008

雪の小樽


27日午後、小樽公園通教会へ行く。先日納品した週報棚(しゅうほうだな)が好評で、今度は記載台を制作することになった。今日は場所や使い方を打合せし、戻ってゆっくり考えようと軽い気持ちできたのだが、可能であればなんとかクリスマスまでに間に合わせたいとのことで、その場で急遽ラフスケッチを起こしデザインすることになった。
外は、折からの雨で雪が融けシャーベット状になってとても歩きにくいが、空は冬の日本海のどんよりした深いブルーグレー、あせる気持ちを落ち着かせてくれる色だ。

日曜日, 11月 23, 2008

上棟の祝い





千歳のエコハウスで上棟のお祝いをした。当日のメインイベントは「もちまき」、施主のたっての希望である。あたらしくこの地域へ仲間入りする人と住宅のはじめての挨拶でもある。餅をキャッチする近所の皆さんの笑顔が、新しい隣人と住宅を歓迎しているようだ。補強コンクリートブロック造フラットスラブで梁の形すら見えない住宅の「上棟の祝い」だが、地域とつながることのできる古き良き慣習もまんざら捨てたものではない。

木曜日, 11月 20, 2008

新雪


朝、札幌市内は本格的に雪が積もり一面銀世界の新しい風景になった。きょう20日は日本人が大好きだというボジョレーヌーボーの解禁日で、そう言う私の手元にも1本ある。この赤ちゃんワインには、実はいろいろな価格と銘柄のものがあるのだという。
マイナス気温の外から暖房の効いた暖かい室内に入ると、適度に冷えたワインがある。厳しい寒さへの贈り物のようだ。

水曜日, 11月 19, 2008

ゲスト講師


今日は北星学園大学の授業があった。座学では半年も同じような話をしていると飽きてしまうので、ミニ演習として模型を作ったりレポート提出をさせたりしているのだが、今日はゲストを招いて話をしていただいた。
今日のゲストは、ビタレスクの鈴木敏章さん。自他共に認めるフィンランド通で、学生時代の話やら北欧の文化について思う存分語っていただいた。とはいえ講師の習性で、私が無理に建築の話に誘導してしまった。ご本人はもうちょっと違うことを語りたかったようだった。
写真は、90分の講義を終え、講師控え室で一息入れる鈴木さんと取り扱い商品のフィンランド製ドムス窓。ご本人同様、表情は優しいがちょっと頑固で期待を裏切らないすぐれものの木製サッシです。ぜひ一度お試しください。

月曜日, 11月 17, 2008

現場見学会


17日、千歳のエコハウスで、現場見学会があった。北海道建築技術協会(HOBEA)メーソンリー研究会主催のもので、外観と1・2階の一部をご覧頂いた。見学者から建設コストの質問があり、さまざまなコストダウンの工夫をして、たいへんリーズナブルな建設コストを達成していることを説明した。木造住宅並みの単価の安さには見学者のみなさんたいへん驚かれたようだった。住宅は、なにはともあれ見ていただくのが一番だ。外観は、外断熱施工の上に透湿防水シート張り状態。このうえにガルバリウム鋼板を葺く。

木曜日, 11月 13, 2008

山の手の家の現場


13日は、「山の手の家」現場で外壁色を確認した。カラマツ竪羽目板にキャピタルペイント水性塗料を施工している。色はクライアントご指定のブラウン色。水性塗料は、油性のような刺激臭がないばかりか難燃性能を有しているため採用している。作業性もよい。例年寒い時期だが、幸いここ数日は小春日和の暖かさが続いているので塗装作業現場は順調とのことだ。

休講


水曜日は、週一で北星学園大学へ通う授業日なのだが、あいにく管理建築士の資格取得講習会と重なってしまった。学生さんたちには申し訳ないが、休講だ。写真は、先週撮ったキャンパス風景。美しく紅葉した大谷地の森を背景にサッカーの練習に余念がない。大自然と若者達の姿に清々しい気持ちを感じて元気になるのは私だけではないでしょう。
その学生さんたちへ限られたコマ数の中で、できるだけたくさんのスライドや話をしたいと考えている私だが、1講の減は残念。

日曜日, 11月 09, 2008

モエレ沼公園


2日間の、週末イベントが無事終わりました。ご来場の皆様ありがとうございます。初日はあいにく小雪まじりの雨と強風の悪天候でしたが、今日は朝方の冷たい雨が暖かい陽ざしに変わりました。ほんのちょっとした陽ざしがあればガラスのピラミッド内部は夏のような暖かさになります。温室効果はすばらしい。ちょうど今日は、写真の撮影会が催されていました。自然光たっぷり照明効果満点の写真スタジオです。先日は、コンサートが行なわれ音響効果が素晴らしかったと聞きました。
そんなピラミッドパワーの求心力でしょうか、イベントには海外からの来訪者もありました。ここは、札幌の新しい顔になっています。

金曜日, 11月 07, 2008

週末イベント続報


明日からのASJ札幌南スタジオ主催「建築家展in札幌」の設営のため、会場のモエレ沼公園ガラスのピラミッドへ行ってきました。イサム・ノグチギャラリー下の展示スペースが会場です。会場入口からガラスのピラミッドセンターホールとモエレ山が見えます。私は、8日(土)、9日(日)の両日とも会場でみなさまをお待ちしています。

週末イベント


今週末8(土)、9(日)ASJイベント、「第5回建築家展in札幌」に参加します。会場は、モエレ沼公園ガラスのピラミッドです。

私も、住宅の写真、図面、模型を出展します。札幌では、1年ぶりのイベント参加です。あいにく天候は悪いようですが、ぜひ見に来てください。日曜日は、私も会場にいます。

火曜日, 11月 04, 2008

庭に初雪


4日朝、札幌市内で雪が降った。自宅の庭に降った初雪である。これから屋外作業が残る現場を抱える身としては少々つらいものがある。もちろん現場の職人さんはもっと大変。本格的な冬の前に現場はきちんと仕上ておかなければなりません。予報では、明日からまた気温が上がるという。すこし安心。これからは、寒波とその後のすこしの暖かさを幾度となく繰り返して本当の冬になるのです。

月曜日, 11月 03, 2008

SDW2008最終日




3日午前中、札幌デザインウィーク2008の「建築家パネル展」会場に行きました。会場は内田洋行のイベントスペース「ユーカラ」。持ち回りの会場当番でした。今日は来場者が少なめなので、パネルを落ち着いた雰囲気でじっくり見てもらえたようです。
また、今週末の8日(土)9日(日)両日、札幌市内モエレ沼のピラミッドで、いつもの「ASJ建築家展」イベントがあり私も参加します。どうぞ見に来てください。

土曜日, 11月 01, 2008

白い陸屋根の家


31日午後、札幌市北区にある「白い陸屋根の家」を訪れた。JIA北海道支部住宅部会のために住宅建築の平良敬一さんと写真家の鈴木悠さんが札幌にいらしている。最近の北海道の住宅建築の動向をご覧になっているという。ほんの数分間、立ち寄って見ていただいた。写真は、去年のちょうど今頃のもの。今日もイチョウが美しい黄色の葉をつけていた。